令和3年度 人材開発支援助成金(特定訓練コース)

このようなお悩み・課題はございませんか?

  • 従業員の教育を行いたい
  • 従業員の能力向上により生産性を高めたい

上記のような悩み・課題に苦しんでいる企業は多くございます。この悩み・課題を解決する上で、費用面に頭を抱えるケースがよく見受けられます。このようなご相談をいただいた際、当事務所では助成金の活用を推奨しております。 具体的には、60類以上ある雇用関係助成金のひとつである人材開発支援助成金(特定訓練コース)をおすすめしております。この助成金を活用することで、上記のお悩み・課題の解決に繋げることができます。 このページでは、人材開発支援助成金(一般訓練コース)の詳細をご説明いたします。

人材開発支援助成金(特定訓練コース)の詳細

人材開発支援助成金とは

人材開発支援助成金は、労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識および技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合等に訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成される制度です。

特定訓練コースとは

特定訓練コースとは、労働生産性の向上に資するなど訓練効果が高い訓練を実施する事業主に対して助成することにより、企業内における人材育成を促進することを目的としています。

支給金額

①【賃金助成】
1時間あたり760円(中小企業以外380円)

②【訓練経費助成】
実費相当額の45%(中小企業以外30%)
※特定分野認定実習併用職業訓練の場合は60%(中小企業以外45%)

③【OJT実施助成】
1時間あたり665円(中小企業以外380円)

【生産性向上助成(※)】
①の場合 1時間あたり<200円>(中小企業以外<100円>)
②の場合 実費相当額の<15%>(中小企業以外<15%>)
③の場合 1時間あたり<175円>(中小企業以外<100円>)
(※)訓練開始日の前年度から3年度経過後に申請し、生産性要件を満たしていた場合(伸び 率が6%以上のみ)に支給

支給要件

本コースは、次の1(1)~(6)に規定する対象訓練を雇用する被保険者に対して実施する事業主、また は、次の1(1)~(4)に規定する対象訓練を構成事業主の雇用する被保険者に対して実施する事業主団体 等が、次の2の要件を満たした上で、3により事前に届け出た計画に沿って訓練等を実施した場合に受給する ことができます。

1 対象訓練

(1)労働生産性向上訓練 被保険者に次の①~⑦のいずれかの訓練等を受けさせること。 
① 職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)や職業能力開発大学校等で実施する高度職業 訓練
② 中小企業等経営強化法において認定された事業分野別経営力向上推進機関が行う訓練
③ 中小企業大学校が実施する訓練等
④ 教育訓練給付指定講座のうち専門実践教育訓練及び特定一般教育訓練
⑤ ITSS レベル4または3となる職業訓練のうち一定の要件を満たす訓練
⑥ 生産性向上人材育成支援センターが実施する訓練等
⑦ 当該分野において労働生産性の向上に必要不可欠な専門性・特殊性が認められる技能に関する 訓練(喀痰吸引等研修及び特定行為研修)

(2)若年人材育成訓練
訓練開始日において、雇用契約締結後5年以内かつ 35 歳未満の若年労働者を対象に訓練等を受けさ せること。

(3)グローバル人材育成訓練
海外関連の業務に関する訓練等であること。

(4)熟練技能育成・承継訓練
被保険者に次の①~③のいずれかの訓練等を受けさせること。

① 熟練技能者の指導力強化のための訓練等 雇用している熟練技能者に対して、技能者育成のための指導力を強化するための訓練等
② 熟練技能者による技能承継のための訓練等 雇用している被保険者に対して社内外の熟練技能者の指導により行う技能を承継するための訓練等
③ 認定職業訓練

(5)特定分野認定実習併用職業訓練
製造業、建設業、情報通信業の事業主が、次の①のア~ウのいずれかの要件を満たす 15 歳以上 45 歳未 満の雇用する被保険者に受けさせる実習併用職業訓練の実施計画について、②の要件を満たすこ とについて厚生労働大臣の認定を受けて実施すること。 

① 対象労働者
次のア~ウのいずれかの要件を満たす被保険者

ア 新たに雇い入れた被保険者(雇い入れた日から訓練開始日までが2週間以内である者)
イ 実習併用職業訓練実施計画の大臣認定の前に既に雇用されている短時間等労働者であっ て引き続き同一の事業主において、短時間労働者以外の通常の労働者に転換した者(通常の労働者 への転換日から訓練開始日までが2週間以内である者)
ウ 既に雇用している短時間等労働者以外の労働者

② 大臣認定の要件

ア 訓練実施期間が6か月以上2年以下であること
イ 総訓練時間が1年当たりの時間数に換算して850時間以上であること
ウ 総訓練時間に占める OJT の割合が2割以上8割以下であること
エ 訓練終了後に職業能力証明シートにより職業能力の評価を実施すること
オ 上記①対象労働者のアのうち新規学卒予定者以外の者、イおよびウの者はキャリアコンサルタント またはジョブ・カード作成アドバイザーによるキャリアコンサルティングを受け、ジョブ・カードを 交付されること

(6)認定実習併用職業訓練 事業主が、上記(5)①のア~ウのいずれかの要件を満たす 15 歳以上 45 歳未満の雇用する被保険 者に受けさせる実習併用職業訓練の実施計画について、上記(5)②の要件を満たすことにつ いて厚生労働大臣の認定を受けて実施すること。 ただし、上記(5)①のウの対象労働者については、学校教育法に規定する大学(大学院を含む) と連携して実施される Off-JT を訓練カリキュラムに組み込んだ認定実習併用職業訓練に限る。

2 事業内職業能力開発計画、年間職業能力開発計画の作成・提出および職業能力開発推進者の選任
事前に事業内職業能力開発計画を作成するとともに、次の(1)および(2)の要件を満たし た上で年間職業能力開発計画を作成し、管轄の労働局に提出すること。また、職業能力開発推進 者を選任していること。

(1)職務に関連した専門的な知識および技能の習得をさせるための訓練であること

(2)1コースの Off-JT 訓練時間が10時間以上であること

3 訓練の実施
2により提出した年間職業能力開発計画に基づき、対象労働者に訓練を実施すること

4 生産性向上助成
上記1の訓練を上記3により実施し、助成を受給した事業主が以下の要件を満たした場合に受給すること ができます。

(1)訓練開始日が属する会計年度の前年度とその3年度後の会計年度の生産性と比べて6%以上伸びてい ること

(2)生産性向上助成の対象となる事業所において、生産性要件の伸び率を算定する期間(訓練開始日が属 する会計年度の前年度の初日からその3年度後の会計年度の末日までの期間)について、雇用する雇用 保険法第4条に規定する被保険者(「雇用保険法第38条第1項に規定する「短期雇用特例被保険者」及 び同法第43条第1項に規定する「日雇労働被保険者」を除く。」)を事業主都合で解雇等(退職勧奨を 含む)していないこと。

対象となる事業主

本コースを受給する事業主は、次の1~4のすべてを満たすことが必要です。
また、事業主団体等については、次の5または6に該当し2の要件を満たす必要があります。

1 本パンフレット「各雇用関係助成金に共通の要件等」のAの要件に該当するとともに、Bの要件に該当 していないこと。そのうち特に次の点に留意してください。
「支給または不支給の決定のための審査に必要な書類等を整備・保管していること」「支給または不支給の 決定のための審査に必要な書類等の提出を、管轄労働局等から求められた場合に応じること」「管轄労働局 等の実地調査を受け入れること」「申請期間内に申請を行うこと」

2 労働組合等の意見を聴いて事業内職業能力開発計画およびこれに基づく年間職業能力開発計画を作成 し、当該計画の内容をその雇用する労働者に対して周知している事業主であること。事業主団体等の場合 は、構成事業主の雇用する労働者に対する訓練実施計画を定めていること。

3 職業能力開発推進者を選定していること

4 訓練を受ける期間において、所定労働時間に労働した場合に支払う通常の賃金の額を支払っていること。 ただし、グローバル人材育成訓練において海外で実施する訓練、育児休業中の訓練および専門実践教育 訓練のうち労働者が自発的に受講する訓練は除く。

5 事業主団体 次の(1)~(16)のいずれか、かつ(17)に該当する事業主団体
(1)事業協同組合 (2)事業協同小組合 (3)信用協同組合 (4)協同組合連合会 (5)企業組合 (6)協業組合 (7)商工組合 (8)商工組合連合会 (9)都道府県中小企業団体中央会 (10)全国中小企業団体中央会 (11)商店振興組合 (12)商店街振興組合連合会 (13)商工会議所 (14)商工会 (15)一般社団法人および一般財団法人
(16) 上記(1)~(15)以外の事業主団体であって、次の①および②のいずれにも該当する団体
① 団体の目的、組織、運営および事業内容を明らかにする規約、規則等を有する団体であること
② 代表者が置かれているほか、事務局の組織が整備されていること
(17) 雇用保険適用事業所であること

6 共同事業主
次の(1)~(3)のすべてに該当する複数の事業主
(1)共同する全ての事業主の代表者の合意に基づく協定書等を締結していること

(2)上記(1)の協定書等は、代表事業主名、共同事業主名、訓練に要する全ての経費の負担に関する事 項(助成金の支給申請を行い、労働局から助成金の支給を受けようとする代表事業主名を記載している こと)、有効期間および協定年月日を掲げたものであること

(3)職業能力開発推進者を選任している事業主であること

受給までの流れ

1 特定訓練コースにより本助成金を受給しようとする場合、事業主または事業主団体等は次の(1)~ (2)の順に手続きをしてください。特定分野認定実習併用職業訓練および認定実習併用職業訓練を実施 する事業主は、次の(1)の手順の前に、実習併用職業訓練(実践型人材養成システム)の大臣認定を受ける必要があります。

(1)事業内職業能力開発計画の作成と訓練実施計画届の作成・提出 事業主が、事業内職業能力開発計画を作成するとともに、これに基づく年間職業能力開発計画を作成 し、訓練実施計画届やその他の必要な書類と併せて訓練開始日から起算して1か月前までに雇用保険適 用事業所を管轄する労働局に提出します。

(2)支給申請 提出した訓練実施計画に沿った訓練を実施した後、訓練の終了した日の翌日から起算して2か月以内 に、必要な書類を添えて雇用保険適用事業所を管轄する労働局に支給申請を行ってください。

2 生産性向上助成
生産性向上助成の要件を満たし、割増分を支給申請しようとする申請事業主は、訓練開始日が属する会 計年度の前年度から3年度後の会計年度の末日の翌日から起算して5か月以内に提出してください。(令 和3年度開始の訓練の場合、令和5会計年度の末日の翌日から起算して5か月以内)

ご興味を持たれた方へ

助成金の申請には専門的知識を要するため、専門家に相談せずに申請すると、時間がかかってしまったり、受け取れない可能性が高くなります。また、知らずのうちに不正受給となってしまうという危険もございます。また、大前提として、労働関連の法令を遵守していなければなりません。 当事務所では、専門家として、貴社が助成金を受給できる可能性があるのか、どのぐらいの額の助成金を受給できる可能性があるのか等の無料相談・診断を実施しております。こちらの助成金に興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

令和3年度最新助成金の最新記事

最新助成金の最新記事

無料相談をおこなっております まずはお気軽にご相談ください 0120-682-082 受付時間 9:00~19:00 メールでのお問い合わせ
中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ! 詳しくはコチラ

助成金の基礎知識

助成金とは?

詳しくはコチラ

専門家に依頼するメリット

詳しくはコチラ

助成金申請の流れ

詳しくはコチラ

助成金活用のポイント

詳しくはコチラ
名古屋の中小企業のために 0円助成金無料診断のお知らせ 助成金診断実施中! 名古屋地域密着の中小企業サポート 即日予約可能の無料診断 あなたの会社が使える助成金をご提案
PAGE TOP