助成金の会計処理について

 

助成金を受給した場合、どのように会計処理をするべきかご説明させて頂きます。

 

基本的には「雑収入」として処理する

助成金や補助金を受給された場合は、基本的には「雑収入」として処理する必要があります。処理については、特別損益で処理をするとお考えの方もいますが、経費の補てんとして受給し日常的に受け取る収入の為、特別損益ではなく「雑収入」として通常会計の中に組み入れます。

 

また助成金は、支給決定してから入金まで日数がかかります。そのため会計処理のタイミングとしては、支給が決定した日に未入金としてまずは計上し、それから実際に入金があった日に、口座に預金として計上する処理が必要です。過少申告課税や延滞税が課されることがないよう、未収入金で処理することを忘れないようにしましょう。

 

またこういった点でご質問がありましたら、当センターまでご連絡ください。

無料相談をおこなっております まずはお気軽にご相談ください 0120-682-082 受付時間 9:00~19:00 メールでのお問い合わせ
中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ! 詳しくはコチラ

助成金の基礎知識

助成金とは?

詳しくはコチラ

専門家に依頼するメリット

詳しくはコチラ

助成金申請の流れ

詳しくはコチラ

助成金活用のポイント

詳しくはコチラ
名古屋の中小企業のために 0円助成金無料診断のお知らせ 助成金診断実施中! 名古屋地域密着の中小企業サポート 即日予約可能の無料診断 あなたの会社が使える助成金をご提案
PAGE TOP